--年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALOHA!! Hawaii(ハワイ) [ハワイ島]カラパナ(Kalapana)溶岩ウォーク 2012年09月13日 【スナップ】 トラックバック:0コメント:0

サーストン・ラバ・チューブの次は、溶岩の上を歩く「溶岩ウォーク」を楽しむために「カラパナ(Kalapana)」へと向かいました。
カラパナは溶岩が固まった地帯で真っ黒く、とても広く、迷うほど。
この溶岩のしたには、街が埋まっているとか。
そんな広い広いカラパナの溶岩を歩いてみました。

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#001 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/160 F8 +1.0)

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#002 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/250 F8 +0.3)
固まった溶岩はとても危険で、ガラスの上を歩いているのと一緒。
転んで手をついたりすれば、切れて怪我をしてしまうので、軍手は必要です。
また長ズボンに、スニーカー必要となります。
溶岩ウォークを楽しむには、それなりの準備をしておきましょう。

赤い砂みたいなのがあるのですが、これは歩いておいて迷わないための目印とのこと。
あまりにも広いし、真っ黒なので迷ってしまうからだそうです。

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#003 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/320 F8 +0.3)

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#004 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/160 F8 +0.3)
歩いていると、所々ヤシの木や木があります。
これは誰かがヤシの実を置いていったそうです。

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#005 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/640 F8 +0.3)
タイミングがよければ、溶岩が海に流れるところを見ることができるそうですが、この年(2011年)は流れていないそうです。


↑こんな感じに溶岩が海に流れるところをみることもできるようです。

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#006 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/350 F4.8 -0.3)
溶岩が固まった形ですが、これは女神ペレの髪の毛の形と一緒とか言われています。
女神ペレの画像。

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#007 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/8000 F4.5 -2.0)

【PhotoTable】ALOHA!! Hawaii(ハワイ)
■#008 Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm (1/800 F8 -0.7)
とても見づらいのですが、嫁さんが溶岩の写真を撮っています。(左の真ん中辺)
溶岩の大きさがわかるかと思います。

※写真は、2011/11/27撮影です。


大きな地図で見る
■カラパナ(Kalapana)

■ハワイの美味しい料理の写真は、姉妹ブログを見てくださいね。
○写真食堂 【おいしい特集】ハワイはおいしい料理がいっぱい

↓今週は早く感じました。
にほんブログ村 写真ブログへ


■カテゴリ
▼スナップ

■INDEX
▼ハワイ(Hawaii)
▼ビックアイランド(ハワイ島)
▼カラパナ(Kalapana)
▼Nikon D200 Nikon AF-S DX NIKKOR 18-200mm

■撮影地
ハワイ島・カラパナ(Kalapana)
関連記事

テーマ:外国の風景 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://photomijikana.blog22.fc2.com/tb.php/1132-f223d078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。